神奈川県のお客様より、旧工場製エドワードグリーンとジョンロブが混ざっている商品を買取させて頂きました。

買取商品の紹介

ブランド:ワイルドスミス別注 旧工場製エドワードグリーンとジョンロブ
モデル:561(旧グリーンのカドガン)
ラスト:2401ラスト(ジョンロブ移行期の物のため、旧202と同じです。)
カラー:チェストナッツ
素材:カーフ
コンディション:極上
付属品:箱・シューツリー

SHOESAHOLICからのコメント

素晴らしい時代のエドワードグリーン などを沢山お持ちのお客様から、ご売却を頂きました大変珍しい一足です。

エドワードグリーン の工場は1995年位にジョンロブに買収をされたため、それ以前のグリーンを旧工場製エドワードグリーン と呼ばれています。その後、その工場はジョンロブの靴を作っていますが、こちらの商品は、おそらく工場移行期の物と思われる珍しいディテールが沢山残っています。

見た目はエドワードグリーン のカドガンにそっくりですが、サイズの表記が7EE(グリーンの場合はFを使用)になっていたり、ヒールの釘打ちはグリーンの様に3列打ちではなく、ロブの並列打ちになっています。また、ソールにはジョンロブのロゴとMADE IN ENGLANの刻印がされており、無理やり消された様になっています(笑)

最高級の靴とはいえ、昔は時代も朗らかだったのか、微笑ましいですね。
元オーナー様からの情報では、エドワードグリーン時代に受注をしたワイルドスミスの別注品の最終ロットを、買収後に製造されたため、このような表記になっているようです。

チェストナッツのカドガン?のため、どんな服装にも似合いそうですが、英国風なネイビーのスーツに合わせたりすると、足元に2大トップ英国ブランドで固められます!!

昔からの靴好きの方は今でも昔購入したグリーンを大切に履かれている方も多く、状態のキレイな商品も多いため、年数が経っている商品でも査定額が高めになることが多くあります。

特に旧工場製のエドワードグリーン は数自体が少なく、希少な素材の商品は高めの査定額になりやすくなっています。

素敵な商品をご売却頂きまして、誠にありがとうございました。
SHOESAHOLICが責任を持って大切にして頂ける、次のオーナー様へお届けさせて頂きます。

エドワードグリーン の買取参考価格

エドワードグリーンの買取価格は下記のページにて、ご確認を頂けます。

エドワードグリーンの参考買取価格はこちら

関連記事

  1. ラルフローレン別注のエドワードグリーン CARTER #808を買…

  2. 埼玉県のお客様よりエドワードグリーン のコードバン アスキスを買取させ…

  3. 兵庫県のお客様より、ジョンロブ JOHN LOBB シティ CITY …

  4. 高級靴エドワードグリーン EDWARD GREEN 120周年記念モデ…

  5. ロンドンハウス別注のスタッグスエード エドワードグリーン EDWARD…

  6. 東京都のお客様よりエドワードグリーン トップドロワーのカーディフを買…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。