エドワードグリーンの買取について

イギリス靴を代表するエドワードグリーン は日本国内でも人気が高く、202.606.808.82.など様々なラストがあるため、色々な足型にフィットし愛用をされている方も多いブランドです。

最上級ラインのトップドロワーは最高の革を使い、既成靴の中でも飛び抜けて高いクオリティをしており、定価も高額なため買取価格も高めとなっております。

スタンダードラインのモデルでも、アイコン的なドーバーをはじめ、チェルシー、カドガン、バークレーなどは常に人気が高いため、買取価格も通年で変動が少なく、中古品でも高めの買取価格となっております。

エドワードグリーン の特徴として、様々なブランドやショップの靴の製造を請け負ってきた背景があり、ラルフローレン、ブルックスブラザーズ、ポールスチュアート、コールハーン、ポールセンスコーン、ニュー&リングウッド、ワイルドスミス、イード&レイバンスクロフト、マッキントッシュ、オールドイングランド、ユナイテッドアローズ、バーニーズ、ロイドフットウェア、ホーキンスなど色々な別注商品があります。特に希少な別注品はコレクターの方にも人気が高いため、買取価格も高めになりやすくなっています。

1995年前後にエドワードグリーン の工場はジョンロブに買収をされ、それ以前の商品は旧工場製と呼ばれ、革質も厚く、作りもしっかりしており、木型も現行と微妙に異なります。今でも古くからのグリーン好きから支持されているため、20年以上前の商品でも買取価格は高めとなっております。

エドワードグリーンのB品は内窓の端に「B」の文字が手書きで加えられています。流通量は少なめですがB品でも買取価格は高めになるブランドです。

シューツリーは1ペアで2,000円位の買取金額となります。

トップドロワー・レアモデルの参考買取価格

スタンダードラインの参考買取価格

別注モデル ・旧工場時代の商品の参考買取価格